「山古志村」に行って来ました(平成27年7月10日)

東京で知己を得た長岡市山古志の青木勝氏を訪ねて、山古志を訪ねました。 青木氏は11年前の中越地震の時の山古志の村長だった方で、その後の復興に尽力を尽くされた方です。住民全員が避難生活をすると云う過酷な時を過ごして、まだ爪痕は其処ここに見えますが、復興した山古志を案内して頂きました。震災後アメリカから寄贈されたアルパカが現在62頭に増え、山古志の復興に一役買っています。山古志は錦鯉発祥の地でした。地震の際殆ど全滅に近かい状態でした。しかし今は錦鯉が育って、棚田の池に泳いでいます。又、日本一の手掘りトンネル「中山隊道」(877m)が有り、昭和8年から16年かけて完成。 現在の中山トンネルが出来るまで使われていました。
山古志から魚沼を抜けて西会津(途中関越に入る)まで走りましたが、米どころの農村の風景の豊かな自然にほれぼれとしました。守りたい日本の地方です。標識s

まだ残る爪痕

まだ残る爪痕

全滅した部落の後

全滅した部落の後

牧場Ⅰs

牧場Ⅳs

牧場Ⅲs

愛くるしい

愛くるしい

手掘りの「中山隊道」

手掘りの「中山隊道」

現中山トンネル

現中山トンネル

錦鯉の棚田池

錦鯉の棚田池

風景Ⅰs

風景Ⅱs

「第5回 会津のそばを食べる会」が終わりました。

「第5回 会津のそばを食べる会」が終わりました。

ご参加頂きました皆様、有り難うございました。
リピーターの方が20名、新規の方が30名で、50名の方達が、宗一名人の五分引き蕎麦を堪能しました。
毎回やる毎に口コミでお客様が増え、西会津の紹介にもなり、嬉しい限りです。
西会津の「ミネラル野菜」や「加工食品」も販売して、皆様に喜んで頂いています。

 

今年はグループを作って、宗一さんのお蕎麦を食べに、西会津に行こうと張り切っています・・・。

宗一さんを始め、スタッフの皆様お疲れ様でした。

P1130363s

P1130371s

P1130379s

P1130336s

P1130349s

P1130354s

P1130390s

P1130385s

P1130350s

P1130381s

P1130387s

P1130338s

P1130339s

P1130345s

P1130392s

第5回 会津のそばを食べる会 & 支援バザー

IMG_0275 P1120747s

       ― 隠れ里・西会津 in 世田谷 ―

― 隠れ里・西会津 in 世田谷 ―
 平成27年3月13日(金)~14日(土)
(要予約\3,000)
第1回 3月13日(金) 午後18時半~
第2回 3月14日(土) 午後12時半~
第3回 3月14日(土) 午後18時半~

西会津町には、磐梯朝日国立公園の秀峰・飯豊連峰を間近に眺め、たおやかに流れる阿賀川など、
豊かな自然に恵まれ、春夏秋冬、四季折々の彩りを見せる美しい町です。
ミネラルを含んだ健康な土壌から生産する「ミネラル野菜」や「蕎麦」で打つ、蕎麦打ち名人に依る「十割そばの会」です。 会津の美味しい水も運び、茹で上げます。60人限定です。(要予約)

同時開催

「西会津芸術村」支援バザー
3月13日(金)~14日(土)pm1:00~

場所 : ギャラリー space S
住所 : 世田谷区等々力5-14-18
電話 : 03-3701-1471
携帯 : 090-2750-1435 
E-mail: ando@nishiaizu-artvillage.com

明治・大正・昭和・平成を生きたある華族の娘 Ⅱ

93歳s

 

 

 

 

No.2

母は平成17年、95歳で永眠しました。 この写真は亡くなる3年前のものです。タイトルの「明治・大正・昭和・平成を生きた」などと書くと、如何にも波乱万丈のようですが、実際はそんなものではなく、父の庇護の元、穏やかな一生でした。 戦争を体験し、戦後のどさくさと食糧難、そして本人の口からそれについては、語られませんでしたが、実家の華族の生活から平民の生活への転換等々、それなりに苦労はあったでしょうが、私ども娘達には、何も言いませんでした。

でも親子というのは不思議です。こんなに近しいのに人生を共にするのはほんの束の間、父母がどんな子供時代、青年・娘時代を送ったかを殆ど知りません。 それとも私だけなのでしょうか。

これから私は、母がどの様に暮らして、どんな方達と関わったのか? 先祖がどの様に過ごして来たのか。過去を辿っての旅に出ようと思います。

明治・大正・昭和・平成を生きたある華族の娘

有地三姉妹

No.1

私の母は、ある華族の次女でした。しかし戦前普通の家の男、即ち私の父と結婚しました。当時は、華族同士の結婚以外は「降嫁」と云ったようです。こんな言葉があったんですね。さる所からのお墨付き「お許し状」が、母の文庫に残っています。

この写真の左側が母です。 時は明治44年、母2歳です。

当時祖父(彼女達の父)は海軍武官で英国に滞在していました。 2人が着ているのは、英国から祖父が送ったものです。

母は数年前95歳で亡くなりました。ブログで母の周辺の思い出を書いていこうと思っています。そう思ったのは、NHKの「八重の桜」でご存じの会津の戦いの時、彼女達の祖父は会津の敵方でした。百数十年経って、その曾孫である私が会津と関わる事になるとは・・・。そんな思いからです。